交通事故と年齢は全然関係ないのに・・・

最近、高齢者の事故を扱う記事、報道には辛辣なものを感じますね。

一部マスコミと言いたいのですが、真実を報道しないことは以前から言われておりましたが、まだやってる~ですね。繰り返しているとモンスター化しますよ。

論理的に考えて、人の道を踏み外さないようにしてほしいです。

警視庁が発表している交通事故のまとめですが、毎年発表されています。

最近(平成25年ですが)の、

交通事故の状況と運転者の年齢層別の状況と特徴」を見ます。

とありますが、10歳毎の区分に直すと、下記のような感じです。

f:id:aLa:20140711002329p:plain

f:id:aLa:20140711002318p:plain

これが何を物語っているかというと、年齢が上がると事故数は減少しています。

若年層は事故を起こしやすいと解釈するのが自然です。

現在、高齢者の事故発生件数が増えているのは、事実ですが、自動車の所有率が高い世代が高齢層になったからで、高齢者だから事故を起こしやすいということでないと思います。

若年層が運転をしなくなったということからも考えても高齢者でなく、やはり20代の若い方がではないかと思います。