家の表札

去年の暮れに家の表札を門柱の右側にしてもらいました。元々右側に設計されていたのですが、あれこれ注文してるうちに左側になったのである。平成6年からなので18年が経過しており特に気にもしていなかったが、たまたま犬の散歩中のご老人の一言!・・・・・・「表札の位置が左になってるね」。

いろいろ伺っていると、風水の元でもある陰陽五行では、門柱を家側から見ると、左は「陽」、つまり「上座」に当たるらしい。周りの家を確認すると確かに右側(家側から左)の門柱にに表札がかかっている。左側にかかっている家は我が家だけであった。

それにしても天下の大和ハウス(当時は大和団地)なんだからそれぐらいのアドバイスはしてくれていても良かったのではと思ったんだが・・・・・当時の営業マンは20代の若い人だったのでしょうがないか・・・。